ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

新着情報

市制20周年花火大会問題を考える集会

投稿日:2018年5月14日 更新日:

「月刊千葉ニュータウン」では、一昨年8月印西市制20周年記念花火大会が中止となり、その後主催者である印西市と花火業者の間で係争となっている問題を「地域における行政機関と地域企業との協力関係」という観点からずっと取材を続けてきました。「泥にまみれる記念イベント」参照。

現在、この件は花火業者が印西市を訴え、法廷での係争中ですが、さらに市が花火大会中止による損害賠償を花火業者に求めて、提訴の準備を進めています。

しかし、市と地域企業とが記念イベントの責任をめぐって互いに裁判で争うという事態は、どうみても異常な状況であり、そもそもこれは話し合いで解決できないような問題ではないと思います。また、市と地域の中小企業とでは、裁判にかけることのできる資金、人材、時間等において企業の側が圧倒的に不利な状況にあります。

こうした異常事態を一日も早く収束させて、花火業者との誠実な話し合いに望むよう、印西市に求める「声」をあげたいと思います。そのため、来る5月27日(日)「花火大会を考える集会」を開き、事実関係についての報告を踏まえ、印西市の対応についてみんなで議論し、市と地域企業との関係について考えたいと思います。

 

印西地域で事業活動に従事されている企業の皆様、また各種の市民活動に関わっている団体、グループの皆様には、ご多忙中とは存じますが、ぜひ表記集会にご参加の上「声」をあげていただきたく、ご案内申し上げます。

 

-新着情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした