ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

いっこく堂

投稿日:2015年3月1日 更新日:

2月15日に文化ホールで行われたいっこく堂さんのショーに、小2の息子と行ってきました。

私がチケットを取るため電話をかけた際には、すでに後ろのほうの席が数席しか余ってなく、私たちが買ったすぐ後に、チケットが完売してました。さすが世界のいっこく堂さんですね。

私にとってはお馴染みのいっこく堂さんですが、息子にとっては初めてのこと。腹話術というものがどういうものかいまいちわかってなかったので、簡単に説明して、「とにかくすごい人」というのだけわかった状態で会場に行きました。

さて、久しぶりに見たいっこく堂さん、やっぱりすごかったです。後ろのほうの席なので、ちゃんと見えるかどうか心配しましたが、大きな画面にも映像を映してくれたので子どもにもちゃんと見えたようです。

腹話術の技術自体もやっぱり素晴らしくて感動しましたが、息子にとっては1人でやっているとは思えないほど、色々な声音を使い分けているのも面白かったようです。

モノマネも素晴らしかったです。歌もあんなに上手だとは知りませんでした。しかも歌を歌いながら客席全体に握手をしに回ってくれました。私ももちろん握手してもらいました。腹話術でモノマネしながら歌を歌うなんて、かなり難しそうで集中力を必要としそうなのに、さらに歩きながら握手をして回る・・・。到底できそうもないことをやってみせるいっこく堂さんを見て、人間の能力ってすごいなって思いました。

最後はお馴染みの「昔の衛星放送のマネ」のミニ講座までありました。しゃべっている口よりも声が遅れて出るというあのすごい技です。私たちにとってはすごい技ですが、小2の息子は、衛星放送で声が遅れるということがわかっていませんでしたが、ミニ講座自体は楽しんでいていました。コツを教えてもらい、なんとなくやり方がわかり、家に帰っても何度か練習していました。

というわけで、世界のいっこく堂さんを生で楽しめ、子どもにも腹話術というものを見せられて良かったです。

文化ホールでは色々な催しをやっているみたいなので、また面白そうなのがあったら親子で行ってみたいと思います。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:いっこく堂
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧