ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

コスモスまつり、ふれあいバス

投稿日:2008年11月8日 更新日:

公園の木々や街路樹が少しずつ色づき、落ち葉も増え、すっかり秋らしくなってきました。夏が大好きだった私も、秋のあの切ない感じのしっとりした雰囲気もたまらなくいいなと思う最近です。

子どもの頃や20代の頃より、良いと思うこと、好きと思えることが多くなってきた気がします。色々なことの機微が楽しめるようになってきたのかもしれません。昔思っていたほど、年を取ることは悪いことではないなと最近は思います。

というわけで、ニュータウンの秋も楽しんでいます。先日牧の原公園で行われたコスモスまつりも行って来ました。私たちが行った日曜日は天気にも恵まれ、びっしり咲いたコスモスの花が本当にきれいでした。あれだけたくさんのコスモスがいっぺんに咲いているのを見たことがありません。本当に見事ですね。

200万本もあるあのコスモスは、耕運や種まきなどすべて市民のボランティアの方々によってなされているということですが、まったく頭が下がる思いがします。あんなに素敵な景色を私たちに楽しませてくださって、本当にありがたいと思いました。

しかもコスモスまつりは、色々なイベントや出店、それにフリーマーケットなどですごく賑わっているんですね。お祭り大好きな私は、あの会場にいるだけでも楽しくなりました。

色々なイベントや露店を食べ歩いたりしたかったのですが、ついついフリーマーケット会場に吸い込まれるように足を踏み入れ、そこで買い物に夢中になってしまいました。一緒に行った叔母が息子のためにフリマでたくさんおもちゃや絵本を買ってくれ、大満足で会場を後にしました。フリーマーケットって見ているだけでも楽しいし、安く買えるのでありがたい存在です。

こういった感じで、コスモスまつりは色々な意味で充実したお祭りだったと思います。もちろん来年はフリマだけではなくもっと色々楽しもうと、今から期待しています。

ところで私は、最近になってやっとふれあいバスというのを利用してみました。今までも、ふれあいバスの存在自体は知ってはいたのですが、ルートなどもよく知らなかったのでまったく利用していませんでした。ただ今回、千葉ニュータウン中央の私の家から印西牧の原まで買い物に行こうと思った際、ふとふれあいバスのことを思い出し、乗ってみようと思いたったのです。

調べた結果、家のすぐ近くにバス停があり、駅に行くよりも便利で、しかもどこまで乗っても100円!! 北総線だと片道300円ですから、これは本当に嬉しいことです。家族で乗ったら、息子は運賃がかからないですが夫婦で片道600円なのでえらい違いですもんね。ふれあいバスのことを思い出した自分を、でかした!と褒めてあげたくなりました。

土曜日の午前中に乗ったのですが、バスはけっこうすいていて、快適でした。千葉ニュータウン中央の町から印西牧の原まで、今まで通ったことのない場所をバスは通り、見るもの見るものが珍しく、あっという間に印西牧の原に着いたという感じです。実際30分くらいしかかからず、予想以上に便利なバスだと感激しました。

ただしふれあいバスの本数自体が少ないので、バスの時刻に合わせるのが大変かもしれませんが、それさえクリアできれば車のない私たちみたいな家族にとっては、とてもありがたい存在です。

以来、息子の健診のために保健センターに行く時もふれあいバスを使ったりしています。このふれあいバスを利用するまでは、やはりそろそろ車を持たなければ・・・・、なんて感じることもあったのですが、バスのお陰でまだまだ頑張れそうです。あとは欲を言えばもうちょっと本数が増えてくれるといいな、なんて願っている私たちです。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前後の記事
次の記事:
この記事:コスモスまつり、ふれあいバス
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧