ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

ダンスフェスティバル

投稿日:2014年11月1日 更新日:

先月号にも書きましたが、11月に文化ホールで行われる“ダンスフェスティバルINZAI”というイベントに、あるサークルの一員として参加します。

去年も参加させてもらったのですが、これに参加したことによって、自分にちょっとした変化がありました。

小さい頃から人前に出るのがすごく苦手で、人前でしゃべったりする機会を極力避けてきました。小さい頃ピアノを習っていたのですが、1年に1回ある発表会がものすごく苦痛で、夢でうなされるほどでした。

そんな私が数年前にあるサークルに参加し、このダンスイベントにも参加すると分かった時、正直「どうしよう」と焦りましたが、誰にも言わなければ私が出ているなんてわからないだろうと開き直り、思い切って参加しました。

もともと人前に出るのが苦手だったし、子どもが生まれて主婦業に専念するようになると、自分が表舞台に立つ機会なんてほぼないし、考えたこともありませんでした。それがまさかのステージに・・・。

去年の初めての舞台は、スポットライトが思ったよりもまぶしく、本当に緊張の連続でしたが、終わった後、「参加して良かった!!」と心の底から思いました。

ステージに立つと決まってからは、いつもの数倍練習したので、このイベントを通してものすごく成長することができました。ステージに立つことがなかったら、あれほど練習することはなかったと思います。そういう意味で、習い事などは発表の場があるというのは、すごく大切なことだと思いました。

それと精神的な面でも変化が。まさかの表舞台に立つことによって、何かが吹っ切れたみたいで、去年のダンスイベントを機会に、色々なことに怖がらずに積極的に取り組めるようになりました。

思い切って今までとは違うことをやってみると、新しい可能性というか楽しみが見えてくるものなんですね。

今年のダンスフェスティバルも、思い切り頑張って楽しみたいと思います♪

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:ダンスフェスティバル
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧