ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

ボルダリング

投稿日:2016年2月1日 更新日:

ビッグホップにある〝ロッキー“という、ボルダリングの施設に行ってきました。ボルダリングとは、ロッククライミングの一種で、ロープなどは使わず自分の力だけで岸壁などを登っていくスポーツのことらしいです。要するに、でこぼこの突起のついた壁を自分の力だけで登っていくものです。

ロッキーはビッグホップの2階にあるのですが、大人だけでなく、小さな子供連れの家族もけっこういました。

ところでうちの小学生の息子は、とにかくちょっとでも高いところがあると登らずにはいられない性格です(男の子にありがち)。歩道を歩いていても、まっすぐ歩けないのかとつい怒りたくなるほど、わきにある石垣に登ってみたりフェンスに登ってみたり。はたまたうちの玄関にはポーチがあるのですが、なぜか家に入ってくるとき門を開けずに門の上をよじ登って入ってきたり・・・。いつも???な行動が多い息子ですが、そんな高いところに登るのが大好きな息子には、ぴったりな施設でした。

クライミングというと、難しそうなイメージもありますが、ここではファミリー向けの簡単なコースもあるし、スタッフの方が色々教えてくれたりするので、初心者でも子どもでも安心してチャレンジできます。

高いところ大好きな息子は、まるで水を得た魚のように生き生きとチャレンジし(怒られずに堂々と登れる)、やっているうちにけっこう難しいコースもできるようになっていました。そして5歳の娘も意外なことにけっこう楽しんでいて、簡単なところだけですが次から次へとチャレンジしていました。

一方夫も一緒にやってみたのですが(私は見守る専門)、思ったよりも全身の体力を使うとのこと。それにかなり手が疲れるそうです。

子どもたちは1時間ではとても足りないということで、もう一時間延長して2時間やりましたが、夫は次の日の仕事に支障が出そうということで、1時間で終了しました。さすが子どもは強いですね!

真冬の寒い日でも、夢中になって汗をかいた子どもたち。全身を使ったとてもいい運動になるみたいで、今度は私もチャレンジしてみようかなって思います。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:ボルダリング
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧