ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

ボーリング

投稿日:2015年10月1日 更新日:

先日、家族でボーリングに行ってきました。子どもが生まれてからは初めて。私は十数年ぶりのボーリングでした。

子どもがいない時には気づかなっただけか、今は“お子様用レーン”なるものがあるのですね!お子様用レーンとは、希望すればガターに蓋みたいなものをかぶせ、ガターにならないようにする仕組み。

それともう一つ、力のない子どもの投球をアシストするための滑り台みたいな台。滑り台みたいな形をした台の上にボールをセットして、子どもがボールを押して滑り台から転がすと、滑り落ちた勢いでうまくレーンを転がっていくというもの。この台さえ投球位置にうまくセットしてあげると、力のない小さな子どもでも、それなりにピンが倒れるので、ボーリングを楽しめるようになっているのです。今はどこに行っても子どもが楽しめるように、色々工夫されているんですね。私たちにとってはとてもありがたいことです。

この2つの仕組みのお蔭で、小学生の息子はもちろん、幼稚園児の娘も初ボーリングをとても楽しみました(小学生の息子はさすがにアシスト台は使わず、自分の手で投げてましたが)。

ただ、ガターのないレーンだと、親の私たちはどんな投げ方をしてもガターにならないので、面白いような面白くないような・・・。まあ久しぶりの私にとっては、このお蔭でものすごくひどいスコアにはなりませんでしたが。

家族で点数を競ってけっこう盛り上がり、久しぶりの私たちも楽しめましたが、子どもたち二人はボーリングにすっかりはまってしまいました。お蔭で二日連続連れて行かされ、今後もまたちょくちょくボーリングをせがまれそうです。

家族での新たな楽しみをまた発見しました♪他にも楽しそうなことがあったら、色々挑戦してみたいと思います。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:ボーリング
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧