ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

ポケモンGO

投稿日:2016年9月1日 更新日:

夏休みの間に子どもたちにせがまれ、ポケモンGOを始めてみました。私はポケモンを見て育ったわけではないので、それほど興味があったわけではないのですが、とりあえずダウンロードはタダだし、子どもたちも夏休みで時間を持て余したときにいいかと思い、私のスマホで軽い気持ちで始めてみました。

最初はよく意味がわからなかったけど、始めてみるとなるほど面白いですね。近くにいるポケモンをモンスターボールを投げて捕まえて集めて行くのですが、まずゲームと実際の地図とが連動しているところが面白い!ゲームの舞台は自分の住んでいる世界。そして自分が動けばゲームの世界も動く。なんだかとてもリアルな感覚があるのです。普段あまりゲームをやらないのでゲームに詳しくないのですが、だからこそゲームの世界はこんなところまで進化しているんだなーと驚きました。

そして何かを集めることの面白さ。ポケモンに詳しくない私でも、始めてみるとなんだかどんどんポケモンを集めたくなってしまうんです。

そしてポケモンGOでは、地域によって隠れているポケモンの種類に違いがあるらしく、都内に出かけた時などは、家の近くではさっぱりお目にかかったことがないポケモンが沢山いたりして、子どもたちと興奮して捕まえたりしました。

こんな感じで、外出する時にそもそもの目的の他にもう一つ、ポケモンを捕まえるという目的が増えたという感じです。ちょっと遠くに出かけるときは、珍しいポケモンいないかな、なんて思ったりします。

それとポケモンを捕まえるために必要なモンスターボールを手に入れるため、ところどころにあるポケスポットに自分が出向く必要があるのですが、このボールが欲しいために前よりも散歩に出たり、わざわざ遠回りして歩いたりします。出不精だったり運動不足だったりする人には、動き出すなかなかいいきっかけになるのではないかと思います。

使い方には注意する必要があるけど、うまく使えばお出かけがさらに楽しくなるゲームだと思いました。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:ポケモンGO
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧