ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

ミルクフェスティバル

投稿日:2015年6月1日 更新日:

5月30、31日と北総花の丘公園で行われた“ミルクフェスティバル”に、乳製品大好きなうちの子どもたちを連れて行ってきました。

私たちが行った日は、ずっと日なたにいるのがつらいほどのいいお天気。そんな暑い中、芝生広場でミルクフェスティバルの色々なイベントが行われていました。ふれあいゾーン、お遊びゾーン、体験ゾーン、食と販売ゾーン、健康&カルチャーゾーン、学習ゾーンとに分かれていて、それぞれ自由に参加できました。

ふれあいゾーンでは、ポニーに乗馬できたり、小動物に触れ合ったりできるのですが、ここは小さな子どもたちに大人気。ポニーの乗馬などは受付がすぐ埋まってしまい、残念ながら私たちは体験できませんでした。

でも小動物に触れ合えるだけで、うちの子どもたちは大喜び。大好きなうさぎやひよこ、ハムスター、なぜか巨大な陸ガメなどがいて、めいっぱいかわいがってきました。子どもたちは、ふわふわのひよこやうさぎがかわいくてたまらなかったみたいですが、私はめったにお目にかかれない巨大な陸ガメが、おとなしくてなんだか愛嬌があってかわいかったです。一瞬、「家にいてもいいかも」なんて思ってしまいました。

あとぜひやってみたかったのが、搾乳模擬体験コーナー。実物大の牛の人形の乳搾りが体験できるんです。体験してみて思ったのが、牛って思った以上に大きいということ!かなり迫力がありました。そして初めての乳搾り。本物とは多少違うのでしょうが、雰囲気が味わえただけでも面白かったです。子どもたちも、牛乳がどうやってできているのか実感できたと思います。

あとはお遊びゾーンに、“牧草ベッドに寝てみよう”というのがあり、本物の牧草ベッドがありました。「アルプスの少女ハイジ」などで牧草ベッドに憧れていた私は、小さな子どもたちに混ざって体験してみました。

これも想像よりもかなりフカフカで、びっくりするほど沈み込みました。とっても気持ち良かったです!

その他牛乳試飲コーナーや、乳製品販売コーナーなど食の楽しみもあり、乳製品大好きな子どもたちには大満足のイベントでした。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:ミルクフェスティバル
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧