ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

今年も運動の秋

投稿日:2015年11月1日 更新日:

ある運動系のサークルに入り、運動が日常生活の一部になってから、早2年半が過ぎました。始めた当初はあまり変化がわかりませんでしたが、2年を過ぎたあたりから、体の変化が明らかになってきました。

まずは2年を過ぎたくらいから、急激に体が柔らかくなってきました。物心ついたころから体が固かった私。人生で今が一番柔らかいかもしれません。大人になってから始めても、こんなに体が変わるんですね。人間何歳になってもあきらめたらだめだと思いました。

それと最近、何人かの人から「すっきりしてきた」とか「体がしまったね」と言われるようになりました。これはもう本当に嬉しい限りです!私の歳だと基礎代謝が落ちる一方で、何もしなければ太る一方だと言われているので、もうこれは運動の効果に他なりません。食生活とかは全然変わってないですからね。食事を減らして痩せたわけではないので、体調もとてもいいです。

それと運動の良さを実感し興味を持つと、運動に関する良い点が色々目に着いたりします。最近面白いと思ったのは、ある本で「運動することによって脳の血流を増やし、脳を育てることができる」というような内容のことが書かれていました。こうなると俄然自分だけでなく、子どもにもますます運動をやらせたくなりますね。

あとは更年期障害にも運動は効果があるということ。運動は心肺機能を高めたり、筋肉や骨を丈夫にするだけでなく、男性ホルモンや女性ホルモン、成長ホルモンなどの若返りホルモンを増やすという効果もあるらしいのです。更年期をうまく乗り切るには、運動がとても大切らしいのです。これを聞いたら、続けずにはいられません。

というわけで、いくつになっても運動はとてもいいものらしいですが、なんでも嫌々やったらきっと良くないと思います。だからそれぞれ自分に合った運動を見つけることがいいのでしょうね。私はすっかりはまってしまった今のスポーツに出会い、とてもラッキーだったと思います。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:今年も運動の秋
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧