ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

千葉ニュータウンに越してきました

投稿日:2008年6月14日 更新日:

はじめまして。このたび千葉ニュータウンに引っ越してきました、1児の母です。

縁あって、本紙に千葉ニュータウンでの生活について、その始まりから現在進行形で綴っていくことになりました。どうぞこれからよろしくお願いいたします。

私は現在、夫と1歳半の長男との3人で暮らしています。出産とほぼ同時に仕事を辞めてしまったので、今は専業主婦。夫は都心の会社に通っているサラリーマンです。

これまでは都心にとても近いところの賃貸マンションに住んでいたのですが、息子が生まれ、荷物が少しずつ増え、家が手狭になってきて、もっと広いところでのびのびと生活したいなという思いが強くなり、いろいろ探した結果、この千葉ニュータウンに住むことになりました。

とはいえ、千葉ニュータウンにたどり着くまで、長い道のりでした
私たち夫婦は都心の便利な生活に慣れていたため、最初は当然今まで住んでいた家の近くでマンションを探し始めたのです。が、今は都心のマンションは驚くほど価格が高くなっているのですね。私たちが住んでいた地域も、ミニバブルといっていい状態で、調べれば調べるほどそれほど甘くはない現実を知り、私たちのマンション探しは、自然に少しずつ都心から郊外へと向かっていったのです。

そして価格と、都心へのアクセスの良さ、マンションの広さなどのバランスをあれこれ考え、東京近郊の町のモデルルームをいくつも周り、そのうち中古マンションもいくつか周りましたが、私たちが欲しいというような環境を備えたマンションには出会えずにいたのです。

途中である程度妥協して、そこそこのマンションで満足するべきか、なんていう考えも頭をよぎったのですが、そんな時夫がネットで千葉ニュータウンのことを調べてきて、ぜひともここのマンションを見に行こうということになったのです。

実は私、この時はあまり乗り気ではありませんでした。おそろしく運賃の高い北総線のことはうっすらと知っていたので、千葉ニュータウンというと心理的に都心からかなり離れたところというイメージがあったからです。

でも一応見るだけ見てみるかと重い腰を上げ、夫、息子とともに休日に観光がてら目当ての物件に向かったところ、千葉ニュータウンの町の環境にすっかり感激してしまいました。おまけに見に行ったマンションの条件が私たちの条件にほぼ完璧に合ったということもあり、その日のうちにマンション購入を決めてしまったのです!!

都心から同じような距離の町をいくつか見に行きましたが、これだけ環境が整ったところは初めてでした。しかもそれらの町とくらべ、値段もかなりお手ごろ。

何より気に入ったのは、駅を中心として町がきれいに整備され、子連れでも安心して歩けることや緑多い公園が多いことです。それに少し行けばまだまだ美しい自然がたくさん残っていて、都心から1時間弱でこのような環境の町があるとは思ってもみなかったので、本当に嬉しい発見でした。

これらは実際この町に来て見なければわからないことなので、夫に誘われてきてみて本当に良かったと思っています。まさに百聞は一見に如かずですね。

駅前にはお店が何でも揃っていて便利そうだし、きれいに整備された町並み、それに美しい自然があり、都心とはまた違う楽しみがあるであろう、これからの生活が楽しみで、今からワクワクしています。

今は私たちと同じような条件でマンション購入を検討している家族に、ここの町のことを教えたくてしかたない気分です。

今一番の楽しみは、自分のマンションのテラスにテーブルと椅子を出し、そこから近くの緑を見ながらコーヒーブレイクをすることです。とにかくこれから始まる新生活を考え、ウキウキしている私です。

ニュータウンの皆様、よろしくお願いします。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前後の記事
次の記事:
この記事:千葉ニュータウンに越してきました
ラーバン生活宣言の記事一覧