ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

半年過ぎて ニュータウンでの生活

投稿日:2009年1月10日 更新日:

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

私達家族はこの町に引っ越してきてもう半年になりました。本当にあっという間の半年でした。半年というこの時期は、まだまだ引っ越してきたばかりのような新鮮な気持ちも残っていますが、生活のリズムも整い、町での暮らしにも慣れてきたちょうどいい頃合かもしれません。

ところで半年を過ぎ、この町に引っ越してきたことをどう思うかあらためて考えてみると、やっぱり私達家族にとってこの引越しは今のところ大正解だったと思っています。家を買って新しい町に引っ越すということは、人生の中で大きな決断であり、やはり多少の迷いはありました。特に住んだことのない新しい町での生活でしたから、引っ越してみてやっぱり東京に戻りたいなんて後悔したらどうしよう、とも考えました。

でも実際にこちらに半年住んでみて、そんな後悔はまったくしないですみました。もちろん東京での生活は、便利で刺激的で楽しいものではありましたが、この町での暮らしよさ、心地よさのほうが今の私たちにとってはありがたいものだと心の底から言えるからです。何より息子を伸び伸びと育てることができる、この町の造りや雰囲気がとても気に入っています。引っ越してきて日増しに逞しく育っていく息子を見ていると、本当に「あー、この町に引っ越してきてよかったな」と思います。

時々用があって東京に行ったり、他の町に出かけたりすることがありますが、そういう時に他の町を見るたび、「あー、ニュータウンって本当にきれいな町なんだな」とつくづく感じます。

ただ2歳になる乗り物大好きな息子は、東京の山手線の駅などに行くと、たくさんのホームにひっきりなしに出入りする電車に目を奪われ興奮しているので、息子にとってはその点は大都市が羨ましいのかもしれません。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前後の記事
次の記事:
この記事:半年過ぎて ニュータウンでの生活
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧