ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

夏休みの思い出

投稿日:2013年9月1日 更新日:

夏休みになる前、息子が学校から“ボリショイサーカス”の割引券をもらってきたので、せっかくだから夏休みにサーカスを見に行くことにしました。チラシを見たら、千葉県教育委員会も後援の一つになっているみたいで、だから割引券がもらえたのかもしれません。

ボリショイサーカスが行われるのは、幕張メッセ。子どもたちが喜ぶだろうと思い、安くはないお金を払ってS席をゲットしました。

当日、海浜幕張駅からはたくさんの家族連れがぞろぞろ。それにしても幕張はとてもきれいに整備された街なんですね。都内のベイエリアの雰囲気にちょっと似ていると思いました。

サーカスは、幕張メッセのイベントホールでやっていました。会場に入ってみると、アリーナみたいな会場に舞台が作られ、ロイヤル席とS席が舞台を取り囲むようにあり、そのほかに2階席もありました。

私たちはS席で、舞台から近いのはいいのですが、舞台の真横にあたる部分だったので、ショーの種類によっては多少見づらいものもありました。

でも、舞台に近かったので迫力は満点。団員の顔もけっこうよく見えました。子どもたちは、普段は見られない人間の運動能力のすごさを見て驚いたり、犬や猫、クマなどが芸をするのを見て喜んだり、初めてのサーカスを楽しんでいました。ただ2時間のショーだったので、最後はちょっと飽き気味でしたが。

終わった後は、近くでやっている“からだのひみつ大冒険”というイベントにも行ってきました。これも学校からチラシをもらったので。こちらもたくさんの人で大盛況でした。

それにしても今回幕張に行って思ったのですが、千葉は色々なものがそろっているのですね。日本を代表する成田空港、ディズニーランド、それに今回の幕張メッセ・・・。

しかも自然もたくさんあるし、それになんといっても海がある。海のない県に育った私としては、海は大きな憧れでした。この日も幕張の海岸をちょっとだけ散歩。すごく気持ち良かったです。

千葉っていいなって思いました。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:夏休みの思い出
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧