ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

安心して子連れ散歩ができる道

投稿日:2009年3月14日 更新日:

毎日寒かったですが、今年の冬、私と2歳の息子はほぼ毎日外遊びをしました。息子の体を丈夫にするためと、私の運動不足解消のためです。

といっても、2歳の息子はすたすた歩いてくれるわけではないし、あちこち寄り道ばかりしているので、私の運動にはあまりなっていませんが。

息子を外で遊ばせるのに、この町の整備された歩道はとてもありがたいです。車道の横にある歩道にしても、道幅が広くて歩きやすいし、車道とはまったく独立した遊歩道などもあるので、それも子どもの散歩に大変役立っています。

東京などでは、車の往来が激しい上歩道自体も狭く、あとかあとから人や自転車が通るので、とてものんびりと息子を歩かせることはできませんでした。子どもを歩かせやすいお陰で、引っ越してきてからは自然と外遊びの機会が増えました。公園に遊びに行くにしても、危険な道を通らなければならなかったら、きっと億劫になり今よりも外遊びが断然減っていたと思います。

ところで、この町の遊歩道は道の周囲に色々な植物が植えられていて、好奇心旺盛な息子にはそれもまた良い刺激になっているみたいです。初めて見る松ぼっくりに目を丸くし、恐る恐るさわってみたり、寒椿の花を「きれいねー」なんて言いながら触ってみたり。どんぐりもたくさん拾いました。

それに初めての霜柱も経験しました。私にとっても数年(数十年?)ぶりに目にする霜柱だったので、ついつい懐かしくて息子と一緒になって踏みしめてしまいました。こういう経験が、息子の中でも良い思い出となってくれると嬉しいです。

こうして寒い日も毎日外遊びをしたお陰で、最近の息子は体力がめきめきつき、すっかり逞しくなりました。それに今年の冬、息子は風邪らしい風邪を引いていません。去年の冬はしょっちゅう風邪を引き、よく熱を出して私も一緒になってびくびくしていたので、本当に嬉しい限りです。

春になったら、今度はどこか近くの山で、山登りにも挑戦したいと思っているこの頃です。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前後の記事
次の記事:
この記事:安心して子連れ散歩ができる道
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧