ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

小さな出発

投稿日:2014年4月1日 更新日:

4月から下の娘がいよいよ幼稚園に入園します。4月に入園することは前からわかっていたのに、追い込まれないと何事もなかなか手につかない私は、入園直前の今頃になってまだ終わっていない名前付けなどに追われて、ちょっと焦っています^^;

上の息子の時は何もかも初めてで、わからないことばかり。入園前は親の私もちょっと不安で緊張気味でした。でも2番目の子ともなると、幼稚園生活がどんな感じかもわかり、少し気持ちに余裕があります。

それにしても上の息子と下の娘は、だいぶ性格が違うみたいです。息子は甘えん坊で人見知りのところがあったので、私から離れられず、入園しても1か月くらいは泣いて幼稚園に行くのを嫌がりました。

でも下の娘は今、幼稚園に入園するのを指折り数えて待つほど楽しみにしています。息子と違って、私と離れて幼稚園に行くのも平気、むしろ幼稚園に行けないことのほうがとても悲しいことみたいです。親の私としては、楽しみに行ってくれたほうが楽なので、安心は安心です。

ところで2人兄妹の2人目が入園となると、私も4月から自分一人の時間が増えます。子どもが生まれたばかりの時は、自分一人の時間がほとんどなくなり、自由時間のないことを嘆き、これからまだまだずっと先までそれが続くように思えました。

でも2人目がこうして入園になり、だいぶ手がかからなくなってきてみて、子どもに手がかかりっきりの時間というのは、思ったよりも短かいのかも・・・と気づきました。赤ちゃんの時は大変で、早く手がかからなくなればいいなんて思いましたが、過ぎてみるとあっという間なので、赤ちゃんの頃からそれをもっとわかって、大変な時間ももっと楽しめばよかったなーなんて思ったりします。

そういう思いがあるからか、入園も嬉しいけど、妙に寂しさも感じたりして、ちょっと複雑な気分です。まあ、自由時間に何しようかと今からウキウキする気分もありますが。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:小さな出発
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧