ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

幸せな一年間

投稿日:2009年6月13日 更新日:

この6月で、私たち家族がこの町に引っ越してきてちょうど1年になりました。月並みな言い方ですが、本当にあっという間に過ぎ去ったように感じる1年でした。

去年の春頃、たまたまこの町に家を探しに来た私たちは、この町の環境の良さに感動し、たった1度の見学でこの町に引っ越してくることを決意しました。東京から近いところで、こんなにきれいに整えられた町があるなんて思いもしなかったのです。

ただ、誰でもそうだと思いますが、いくら気に入ったといっても、今まで住み慣れたところから新しい町に引っ越すには、やはり不安がつきまといます。私たちも便利な東京を離れるにあたって、「いくら町がきれいだと言っても、便利な東京を離れて後悔しないだろうか?」とか「住んでみたら、不便でいまいちだったということはないだろうか?」などという不安も多少はありました。

でも、1年経った今はっきり言えることは、それらの心配はまったく当たることもなく、私たちの決断は正しかったのだと胸を張って言えることです!

毎日、緑の多いとてもきれいな町の風景を見ながら暮らすことが、こんなに快適なものだとは思いませんでした。それに人口密度があまりにも高すぎると、それはとてもストレスなんだということに、この町に暮らし始めてからあらためて気づきました。

それと車や人通りをあまり気にすることなく、好奇心いっぱいな息子をたくさん遊ばせることができるこの町の環境に、本当に感謝の気持ちいっぱいです。夫とよく話すのですが、「あのまま東京のあの家に住んでいたら、息子をあまり外で遊ばせなかったかもしれないね」ということです。それだけ前の環境では、息子を思いきり外で遊ばせるには、様々なハードルがあったのです。

ということは、今元気いっぱいの息子は、もしかしたらこの町の環境のお陰もあるかもしれません。

そんなわけで、幸せな思いでこの町に越してからの1年を振り返る私たちです。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前後の記事
次の記事:
この記事:幸せな一年間
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧