ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

懐かしい町

投稿日:2017年11月1日 更新日:

先日ふと思い立ち、ここに越してくる前に住んでいた都内の町に子どもたちを連れて遊びに行ってきました。上の子が1歳半になるまで住んでいたのですが、当時赤ちゃんだった息子は勿論覚えていないし、こちらに来てから生まれた下の娘は全く知らない町です。

私たち夫婦は、7年くらいその町に住んでいたのですが、数年ぶりのその町はとても懐かしかったです。けっこう都心に近いところだったので、大幅に変わっているのかと思いましたが、意外にもそれほど大きく変わってはいませんでした。昔よく行ったお店もほとんど残っていて、夫とあれこれ昔話をしながら歩き、とても楽しかったです。

そして行くまでは全然思い出すようなこともなかったのに、その場に行って景色を見ると、色々な記憶が蘇ってきました。子どもたちが生まれる前の生活もあれこれ思い出し、あの頃は自由で気楽に遊んでいたなーなんて思ったりもしました。

そしてお昼は昔大好きだったイタリア料理のお店で食べ、近所にある有名なお寺と神社をお参りし、昔住んでいたマンションの目の前にあるとても大きな公園で子どもたちを遊ばせました。

私たちは昔に戻ったみたいで懐かしさいっぱいでしたが、子どもたちは行ったことのない大きな公園に大喜びでずっと遊んでいました。

それにしても、やはり都内は人が多いですね! 以前住んでいた時もこの公園でよく遊んだはずなのですが、芝生やバーベキューのエリアの人混みを見て「こんなに人が多かったっけ?」と驚くほど。すっかり千葉ニュータウンののんびりとした雰囲気に慣れてしまったみたいです。

そして久しぶりの都内の賑やかな町は刺激もあり、とても楽しかったのですが、やはり今の私は千葉ニュータウンの町が大好きで、都内も楽しいけど引っ越して子どもたちをここで育てられて良かったなと思いました。都内であのまま暮らしていたら、子どもたちも今とはまた違った人生になったんだろうなーなんてことを考えながら、懐かしい町を歩いてきました。

-

執筆者:

前後の記事

この記事:懐かしい町
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧