ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

新年の抱負 子供を「待つ」気持ちで

投稿日:2010年1月9日 更新日:

新年明けましておめでとうございます!今年もまたよろしくお願いいたします。

あっという間にニュータウンに来てから、2回目のお正月となってしまいました。いつも思うのですが、年々1年が過ぎるのが早くなっていくような気がします。時が経つのを早く感じるのは充実しているからなのかもしれませんが、年をとってきている証拠のような気もして複雑な気持ちです。

ところで今年の新年の抱負は、〝怒ってばかりの母親はやめる〟、ということです。息子は3歳になり、反抗期の真っ盛り。口答えはするは言うことは聞かない、できないくせに何でも自分でやりたがる・・・。最近はそんな息子に、本当にイライラ怒ってばかりだったと思います。息子が生まれる前は、外で子どもをイライラした様子で叱っているお母さんを見て、「自分はああはなりたくない」なんて思っていたのですが、今はまったく人のことを言えません。道でガミガミ怒っているお母さんそのものになってしまいました。

でも、イライラしている時はなかなか自分を止めることができず、冷静になれない自分がいます。夜寝ている息子の姿などを見ると、「ああ、今日もまたいっぱい怒ってしまいかわいそうなことをした」と心から思い自己嫌悪に陥るのですが、また1日が始まり言うことを聞かない息子を相手にすると、同じことの繰り返しになってしまい、我ながら進歩がないなと思います。

ところで私が怒っている理由を考えてみると、買い物に行くにも寄り道ばかりでまっすぐ歩いてくれないとか、家の中をあちこち汚すとか、私の思うように動いてくれないなど「私が困るから」という理由が多いような気がします。考えてみればこれは子どもであれば当然のことで、これでいちいち怒られる息子のほうがかわいそうなのかもしれません。

だから今年はもうちょっと自分中心ではなく、子どもを待つような気持ちで子育てに取り組んでいこうと思います。といってもどれだけもつかあてになりませんが、意識だけはしていこうと思っている次第です。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:新年の抱負 子供を「待つ」気持ちで
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧