ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > 季とともに食を創る

日本の食文化を大切に

投稿日:2010年4月1日 更新日:

クロマグロの国際商業取引を禁止するモナコの提案が否決されました。「食」に従事する者として、ひとまずホッとしたところですが、鯨といいマグロといい、昔から日本人が愛し、大事にしてきた食材が次々と、シーシェパードのような団体から目の敵にされるのを見ると、今後こうした資源がどうなっていくのか、心配です。

鯨やマグロを食べるのは、一つの食文化なので、違った文化を持つ人たちがこれを批判したり、攻撃するのは、おかしいし、やめて欲しいというのが、多くの日本人が感じていることではないでしょうか。捕りすぎて、漁獲資源が枯渇してしまうという批判についても、日本の漁業はむしろ、昔からお互いに乱獲を慎み、きちんと資源管理をする「自然共生」型の漁業をしてきたわけで、彼らの批判は当たらないのです。

反捕鯨などのグループは、資源が枯渇するかどうかよりも、日本や日本人に対する偏見から、われわれの食文化を攻撃しているようにさえ感じます。

今回、幸いクロマグロの取引禁止という事態は避けられましたが、環境や動物保護を掲げて活動している彼らが、今後またどのような問題を持ち出してくるか心配です。

鯨もマグロも、私たちの先祖が大事に育ててきた食材であり、食文化なのです。もともと、「食」というのは、その土地土地、民族によって、それぞれ特色のある個性豊かなものです。世界が狭くなっている現在、お互いに異なった食文化を尊重する態度がますます必要になっているのではないでしょうか。

食文化というのは、長い歴史の中で、人々の生活とともに育てられてきたものです。日本は、いわれのない批判や攻撃にめげず、これからも自分たちの食文化を大切にし、政府は世界の人々に向かって積極的に理解を求めていく必要があるでしょう。

(写真は、この時期の花季玄関の飾り付け)

-

執筆者: