ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

段ボールのトンネル

投稿日:2014年6月1日 更新日:

5月18日に、いんざい子ども劇場さん主催の“ダンボールでなが~いトンネルを作ろう”というイベントがアルカサールで行われ、子ども二人を連れて参加してきました。

いんざい子ども劇場さんは、子どものための楽しいイベントをよく開催してくださり、今までも色々なイベントに参加させてもらいましたが、ダンボールのトンネルには初めての参加です。

14時からスタートで、チラシによると1人2枚以上のダンボールとガムテープ持参とのこと。参加費は1人100円。家にはダンボールがなかったので、イオンでダンボールをもらい、アルカサールに向かいました。

この日は天気も良く、たくさんの親子連れでにぎわっていました。中には知っている顔もちらほら。

初めての参加なのでどんな感じなのかと思ったら、ひたすらダンボールをガムテープでつなげて、好きなようにトンネルを作っていけばいいみたいです。家の中での工作と違って、広いところで好きなようにダンボールをつなぎ合わせてトンネルを作れるので、その大胆な工作に子どもたちは大喜び♪

ダンボールの大きさや形はまちまちなので、トンネルは突然狭いところがあったり、広いところがあったり・・・。それがまた子どもたちは魅力的らしく、作っているうちからくぐろうとしたりして大騒ぎでした。

みんながそれぞれ好きなように作って、時々隣のトンネルとつなげたりするから、形もすごい! あっちこっちに枝が伸びた、まるでアリの巣のようなトンネルが出来上がりました。

出来上がってから、「さあ!くぐっていいですよ~!!」という声がかかると、みんな大喜びでトンネルの中にもぐっていきました。長くてあちこち伸びたトンネルなので、もぐったら最後、うちの子がどこにいるのか全然わかりませんでした。暑くて汗をかいているにも関わらず、何度も何度ももぐって自分たちで作ったトンネルを満喫していました。

ガムテープでつなげただけのトンネルなので、最後にはよれよれに壊れかけていましたが、とても楽しいイベントでした。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:段ボールのトンネル
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧