ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

白井のアグリぱぁくでイチゴ狩り

投稿日:2014年3月1日 更新日:

2月11日に白井のアグリぱぁくさんにイチゴ狩りに行ってきました。この日は“アグリまつり”が行われていて、イチゴ狩りができるほか、自然薯のとろろそばなどの軽食も食べられたりします。去年も色々楽しめたので、今年も楽しみに行ってきました。

私たちが行く数日前に大雪が降ったので、被害などがなかったのかちょっと心配しましたが、大丈夫だったようです。その日も小雪がちらつくような寒い天気でしたが、イチゴハウスの中は暖かく、楽しくイチゴを摘むことができました。

ハウスに入るとイチゴの甘~い香りが漂ってきて、気分が盛り上がります。そして去年も粒の大きさに驚きましたが、2回目の今年もやっぱり粒の大きさに思わず歓声をあげてしまいました。たぶん普通のイチゴの2~3倍はあるんじゃないかと思います。

ちなみに、去年は入場料を支払ってイチゴ食べ放題で、持ち帰りの分はその重量分支払うという形でしたが、今年は入場料はなく、その代り試食として1人3粒だけ食べられ、あとは摘んで持って帰る分だけ支払うという形に変わっていました。

最初は3粒だけ?と思いましたが、結局これで十分でした。というのも、ここのイチゴはものすごく大きいので、3つも食べれば十分満足感があります。そしてあとは家で食べる分だけを好きなだけ摘んで買って帰れるので、やっぱりこのほうがいいと思いました。

それにしてもイチゴの粒がすごく大きくてきれいな上に、とても甘くておいしいので本当にすごいなと思いました。

そしてイチゴ狩りのあとに、隣のハウスにある食堂みたいなところで軽食を楽しみました。ここでは焼きそば、白井で採れた自然薯のとろろそば、手作りのおしんこ、ワッフル、イチゴのデザート類などを食べることができます。

どれもおいしそうだったので、みんなでほぼ全種類を楽しみました♪どれもおいしいのですが、特に自然薯のとろろそばは絶品で、これだけを目当てにまた来たいくらいです。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:白井のアグリぱぁくでイチゴ狩り
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧