ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

自分のための時間

投稿日:2017年10月1日 更新日:

今年も気づいたら10月、残すところあと2か月になってしまいました。私は今、毎日が家事などの主婦業、仕事、子どもに関する仕事などで時間があっという間に過ぎ、充実していると言えば充実していますが、どこかで常に焦るような、やるべきことをやっていないような不安感があったりします。もちろんだらだらしたり手を抜いたりする時間もあるのですが、それはそれで自己嫌悪に陥ったりして、結局どちらにしても不安や焦りを感じることが多いです。

そして最近、ある人のブログで、「1日5分だけ自分の天国時間を作る」という記事を読みました。自分のために生きていないから、常に不満や焦りなどを感じてしまう。だから最初は1日たったの5分だけ、自分のために自分が大好きなこと、最高に気分が良くなることを今できる範囲でやっていけば、心がとても満足し、人生の質が良くなるというような内容の記事でした。

この記事を読んで、とても心に響きました。うちは子どもも小学生になり、少しずつ私一人の時間も増えてきていますが、あくまでも家事などの「やるべき」ことが優先で、自分のための時間は後回しになりがち。

でも「時間が余ったら」とか「たまにの特別なご褒美」とかにするのではなく、まず毎日「自分のための時間」を作ってしまうんですね。しかもなおざりでやるのではなく、今できる範囲で最高の状態を作る(こだわると楽しいです)。5分だけなら罪悪感も感じない短さなので、簡単で素晴らしい考えだと思いました。

この記事を読んでから、早速毎日5分、今できる範囲で自分の気分が最高になることを始めましたが、とても効果があるような気がします。どんな短時間でも自分の気分が良くなることを追求してやってみると、ものすごく気分が明るくなるし、「次、頑張ろう!」と元気も出てくるのです。自分を大切にするとはこういうことかと思いました。

どんなに忙しい人でも、子育て中でも1日5分だけ自分の時間を作ることは可能だと思います。自分の今できる範囲でやればいいからです。毎日の習慣にできたらいいなと思いました。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:自分のための時間
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧