ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

草深公園 街並みと溶け合って

投稿日:2009年9月12日 更新日:

今回は草深公園について書きます。草深公園は印西牧の原の駅からすぐ近く、草深図書館のすぐ前にある公園です。ここはこんもりとした丘に緑の芝生がとてもきれいな公園で、この辺りの景色を美しくさせている公園だと思います。

URの方に案内してもらう前から、私たち家族は何度もこの公園に遊びに来ていました。それほど広くない公園ですが、丘を滑り降りたり走り登ったりして思い切り体を動かせるし、池もあるので小さい子どもにとってはけっこういい遊び場になるのです。

それにこの公園の辺りは、すごくきれいな町並みになっています。初めてこの辺りに来たとき、まるでどこか外国の町並みのようなこの辺りの様子に、すっかり感動した私たちでした。公園、目の前の図書館の建物、近くのおしゃれなマンション、すべてがきれいな景色の一端を担っていて、全体として素敵な町並みになっていると思いました。子どもを遊ばせながら、その辺を散歩するのも楽しかったです。

ところで何度もこの公園で遊んでいながら、ここの池にも龍のオブジェがあるのをURの方から教えてもらうまでまったく知りませんでした。池の端の壁のところに龍の頭が突き出しており、口から水が勢いよくあふれ出ていました。

遠くから見ると目立たないのですが、龍の近くの水辺に行くと、その勢いの良い水が夏の暑いときには心地よい涼しさをもたらしてくれて、それだけでもけっこうホッとします。

それとこの時公園の案内板を読んで知ったのですが、この公園は「環境共生パーク」がテーマであり、池の雨水の再利用や太陽エネルギーの有効活用などが使われているのですね。たくさんの人が利用する公園に、このような技術が使われているのは素晴らしいと思いました。

そしてこの前遊びに行った8月の初めの頃には、池の端のほうにきれいな睡蓮の花がたくさん咲いていました。まるで作り物のようにかわいらしい睡蓮の花にしばし見惚れてしまいました。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前後の記事
次の記事:
この記事:草深公園 街並みと溶け合って
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧