ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

運動会

投稿日:2014年10月1日 更新日:

9月末には息子の小学校の運動会、10月初めには娘の幼稚園の運動会と続き、運動の秋を満喫しています。

小学校、幼稚園の運動会、それぞれ面白さが違います。幼稚園の運動会は、とにかくかわいい!まだまだ素直で無邪気な子どもたちが、一生懸命やっている姿は本当にかわいらしく、いじらしいです。

娘は年少なので、ついこの前までずっと私と一緒にいたのに、私と離れて色々なことを一生懸命やっている姿を見ると、それだけで感動し涙が出そうになります。

一方小学生のお兄ちゃんのほうは、運動会でちょっとたくましくなった姿を見た気がします。毎日見ていると違いがわかりにくいのですが、遠くから競技をやっている姿を見たら、「あれ、いつの間にあんなに大きくなってたっけ?」と思い、成長しているわが子を確認でき、とても嬉しく思いました(徒競走の順位はどうであれ)。

それにしても小学校の運動会は、見るだけでもけっこう大変です。ここ数年で児童数が増えているので、自分の子どもを探すだけでも大変。徒競走なんて、しっかり息子の番を確認していないと、気づかないうちに終わってしまうので、気が抜けません。カメラ席も混んでいるので、写真を撮るのもけっこう一苦労でした。

そんな感じで、子どもの運動会といえども、親は場所取りしたりお弁当作りに朝早くから励んだり、写真を撮るのに一生懸命だったりとけっこう体力を使いました。でもどちらの運動会も子どもの成長を感じられたので、やっぱり良かったです。

ところで、毎年11月に“ダンスフェスティバル印西”というイベントが文化ホールで行われています。様々な分野のダンスサークルなどが参加するイベントなんですが、私もあるサークルの一員として参加します。

そのため、けっこう練習を頑張っており、今年は私もスポーツの秋と言えそうです。サークルに参加したおかげで、大人になってからすっかり遠ざかっていた運動が生活の一部になり、大変なものの新たな楽しみともなっています。

そして運動習慣を取り入れてみて、改めて運動の素晴らしさや効果を実感している私です。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:運動会
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧