ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

長~い夏休み

投稿日:2014年8月1日 更新日:

いよいよ子どもたちが夏休みになりました!下の娘は今年の4月に幼稚園に入ったので、今回が初めての夏休み。親の私としては、下の子が幼稚園に入って以来、数か月ぶりに毎日子どもたちが家にいることになるので、早くもちょっと疲れ気味の毎日です。

長い夏休み、一番困るのは毎日の食事作り。お昼だけでもそれぞれ小学校や幼稚園で食べてきてくれると、本当に助かるもので、普段の私1人のお昼はごくごく簡単に済ませてしまったりしています。

でも育ち盛りの子どもたちがいるとなると、やはりちょっとは気をつかいます。朝ちょっともたもた家事をやっていると、あっという間にお昼の時間になってしまい、「あー、お昼ご飯どうしよう?」と悩み、午後も同じく。なんだか常にご飯をどうしようって考えているような気さえします。子どもたちのお昼が一食増えるだけで、ずいぶん大変なような気がします。

そしてもう一つ大変なこと、それは夏休みの宿題。上の息子は小学2年生なので、それなりに宿題があります。低学年だと全部子どもに任せてしまうというわけにはいかず、親もけっこう関わらなくてはなりません。

特に自由研究。あれは半分親の宿題なのではないかと思うほど、あれこれ面倒見てあげなくてはいけないので、親も傍観ばかりしてはいられません。

しかもうちの息子は、超マイペースののんびり屋なので、放っておいたらたぶん夏休み中何もやらないで、本当に遊びほうけて終わってしまいそうです。

息子も進んで勉強するタイプではないし、親の私も「まだいっか」と追い込まれないとなかなかできないタイプなので、夏休みの宿題にはまだ手をつけていない状態です。

ただ、宿題に手をつけていないとなんとなく焦る気持ちはどこかにあるので、少しでも早く宿題を片付けさせ、充実した楽しい夏休みにしたいものです。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:長~い夏休み
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧