ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

阿夫利神社のお祭り

投稿日:2017年8月1日 更新日:

7月末に行われた、阿夫利神社のお祭りに家族で行ってきました。印西市に引っ越して来てすぐ、上の子がまだ赤ちゃんだった頃に一度だけ行ったことがあります。上の子も小さくて覚えていないし、下の子はまだ産まれてすらいなかったので、今回は子どもたちにとってほぼ初めての地域の神社のお祭りになります。

夜になってから車で向かいましたが、引っ越してきた当時、うちは車を持っていなかったので、真っ暗な道を不安になりながら神社へ歩いて行ったことを懐かしく思い出しました。やっぱり車があると便利ですね。

神社周辺には臨時駐車場が何か所かあり、けっこうたくさんの車で埋まっていました。阿夫利神社周辺は鬱蒼とした森で真っ暗ですが、お祭りをやっている神社のところだけ森の中から光がこぼれていて、その雰囲気が幻想的でした。なんだか絵本の世界のようです(前回も確かそう思った)。

境内は、たくさんの人で賑わっていました。出店もいくつか出ており、森の中の縁日という感じで、昔ながらの懐かしい雰囲気になっていました。最近は町中のお祭りに慣れていたので、こういう雰囲気のお祭りはすごく貴重だと思います。

お参りを済ませると、子どもたちはすぐに出店のほうへ!そこで色々買って食べたり、くじを引いたりして、お祭りを目一杯楽しんでいました。

そして9時頃に、このお祭りの一大イベントが始まりました。神社に戻ってきた神輿を梯子のように立て、それを勢いよく倒し、悪霊を祓う祭礼とのことです。以前来た時は、縁日だけを楽しんですぐに帰ってしまい、こんな大事なイベントがあることを全然知りませんでした。

今回は運よくこの祭礼を目の前で見ることができ、とても面白かったです。境内で何度も勢いよく倒される神輿は、かなりの迫力があり、地響きがするほどです。一度私の近くで倒れた時は、ちょっと怖かったし、お腹に振動が響き地面が揺れるほどの衝撃がありました。こんな迫力ある厄払いの祭礼は初めて見たので、本当に来て良かったと思います。夏休みのいい思い出となりました。

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:阿夫利神社のお祭り
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧