ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

HOME > ラーバン生活宣言

2017年の夏休み

投稿日:2017年9月1日 更新日:

今年も子どもたちの楽しい夏休みは、あっという間に終わりました。今年も色々体験でき、とても充実した夏休みだったと思います。

10年近く千葉ニュータウンに住んでいて今更ですが、初めて白井市の市民プールにも行ってみました!千葉ニュータウン中央エリアから思ったよりも近く(車で10分くらい?)、びっくりしました。そして料金も手頃なのに、流れるプールも大きなスライダーもあって充実していて、子どもたちもとても楽しかったみたいです。こんなに近くて楽しめるプールなら、もっと早くに行っておけば良かったと後悔しました。とりあえず今年の夏は何度も通い、また来年も行こうと思います!

プールにもよく行きましたが、今年の夏休みは阿夫利神社のお祭りから、旅行、祖父母の家に帰省し、いとこたちと遊ぶなど、とにかくよく出かけ、よく遊びました!

それ以外も暇があると子どもたちはすぐ友達と遊びに行ってしまい、私が言わなければ宿題なんてやる気配もありません。

案の定、後半は宿題が山のように残っていて、苦しむ羽目に。と言っても子どもたちはあまり焦る様子はなく、親の私ばかりが焦るのですが・・・。

特に兄のほうは高学年になり宿題の量も増え、今までのように簡単には終わりません。やる気のない息子のお尻を必死でたたき、時には付きっきりで(目を離すとすぐさぼる)どうにかこうにか終わりにさせました。

よく、宿題をやらないなら放っておいて、本人が困って懲りるようにしたほうががいい、という話を聞きますが、うちの息子はやらないまま学校に行って先生に怒られても、気にしないタイプ(すでに経験済み)。

さすがに夏休みの大量の宿題を放っておく勇気もない私は、毎年必死でどうにか宿題をやらせていますが、のんびり懲りないタイプの子にやる気を起こさせるにはどうしたらいいのか、誰か教えてほしいです。

とりあえず宿題を終え、無事に2学期を迎えられて子どもたち以上にほっとしている私です。

 

-

執筆者:

前後の記事
次の記事:
この記事:2017年の夏休み
前の記事:
ラーバン生活宣言の記事一覧