ちばにう通信

地域をつなぐ「月刊千葉ニュータウン」のサイトです。

明日元気にな~れ

no image

(34)何が、〝子供は天使〟だ!

2006/12/09   -

とうとう一枚きりになってしまった月めくりのカレンダーが何とも頼りなげにつり下がっています。 この一年の早かったこと、驚きです。皆さんはいかがですか? 十代で感じる一年を〝一〟とすると二十代は二倍、三十 …

no image

(33)北海道を元気にした 日本ハムの優勝

2006/11/18   -

関東はジャイアンツファンが多くて、そのせいかこのところ元気がありませんね。でも、北海道はスゴイのです。私の古い友人たちはいま、日本シリーズに燃えています。 先日も「見てくれてた? 日ハムの試合、稲葉が …

no image

(32)秋刀魚に寄せて

2006/10/04   -

空があまりに青く気持ちが良いので、歩いてスーパーに行こうと決めて出かけました。途中、畠のそばを通りかかると、秋草の揺れるがまま身をまかせて、動こうともしない老いた「かまきり」を見つけました。若いころは …

no image

(31)思えば遠し・・・・見るかげなく

2006/09/09   -

夕涼み 月見て思う 遠き友 これは、私が小学六年の夏休みの終わりにつくった俳句です。 中学生になると、 見ていたい 花火見ている 君だけを どちらも新聞に掲載(但し、後者は、先生の手が入っています)し …

no image

(30)未完に終わった絵

2006/08/12   -

冷房のない時代、せめて言葉で涼をとろうとしたのでしょう。江戸中期の狂歌師、唐衣橘州が涼しいもの三つ並べて歌にしています。 涼しさは あたらし畳 青簾 妻子の留守に ひとり見る月 うーん、上手いですねぇ …

no image

(10)未完の文庫本を背嚢にしのばせて

2004/12/11   -

十二月八日は先の戦争の開戦日です。八月十五日の終戦記念日のように、だれもかれもが口にするわけではありませんが(マスコミも前者のように騒ぎはしません)、絶対に忘れてはならない日です。 私はまだ小学校にも …

no image

(9)ン十回目の結婚記念日に

2004/11/13   -

楽器店の人に聞いた話ですが、机の上に置いてあるフルートが、風で鳴ることがあるんですって。きっと微かに耳に届くような、やさしい音なんでしょうね。 今日は爽やかな風が吹いています。ベランダから入って部屋の …

no image

(8)お昼に食べるのは? 「給食!!」

2004/10/09   -

先日あまりの残暑に耐えかねて、本屋さんに逃げ込みました。涼しくなるまでの三時間余りあれこれの本を拾い読みさせていただくなかで、思わず笑ってしまった本がありました。あまりに手当たり次第拾い読みしたので、 …

no image

(7)ため息の功徳 さあ、肩の力を抜いて

2004/09/11   -

今年の夏の暑さは異常でしたね。皆様お元気でしたか。私はゆで上がりそうになりながら、ひたすら耐えておりました。 めらめらと燃えるような暑さのため、白髪がドッと増え「ボケ」が急激に進んだような気がします。 …

no image

(6)知らぬが仏 知らぬが感動

2004/08/14   -

友人に「京都の竜安寺に行くので一緒に行ってもらえない?」と頼まれて少々困っています。 友人にとっては二度も行きそびれたお寺とのこと。一度は修学旅行で行くことになったが「おねしょ」が心配で行けなかった由 …